2008年10月08日

l'OCCITANE : Made in Burkina

10月1日(水)
以前書いたように、Boboには最近ずっと気になっていたSPHという石けん工場があります。そう、Youtubeで見つけた動画。「Karité」と「Bukina」のキーワードでひっかかりました。どうも、ロクシタンの石けんを作っているらしく、ロクシタン基金というロクシタンの福祉事業部みたいなところが作っているビデオで、とてもよくできています。画面中にはいくつか石けんが出てきますが、とても質がよさそうです。立派な、ブルキナとは思えない機械まで入っています。でも、連絡先がわからず、困っていたのですが、なんと、祝日前の石けん店頭調査で、そこの石けんを発見。連絡先が書いてあったので、早速電話してみました。すると、明日から出張なので、今すぐ来なさいとのこと。急いでもうひとつの石けん工房とアポを取って、タクシーに飛び乗り、急行しました。

SPH.JPGそこは、まさに動画の通りの工房。前もって動画を見ていたため、話がはずみます。今は主に国内を中心にマリとニジェールでホテルの客用石けんを作っていて、その数は100箇所以上。カリテは20%配合です。国内の小売市場では3種類販売。






Kali Baute.JPGはちみつせっけん.JPG








1つは洗濯石鹸(かなり大きくて350CFA)、1つはKari Bautéという名前の普通の浴用石鹸(カリテ40%配合)、そして最後、これが超気に入ったのですが、はちみつ石けんで150g400CFA(カリテ40%配合、他、パーム油とパーム核油使用)です。かわいいでしょう?ロクシタンの石けんをまねしたものらしく、なかなかの出来です。ブルキナ製とは思えない!はちみつの香料を少々使っており、はちみつの香りがします。はい、弊社でぜひ仕入れを検討したいと思います!




ロクシタン.JPG他にもロクシタンのために作ったという石けんを見せてもらえました。よく見ると、ロクシタンであることには変わりないのですが、ロクシタン基金の文字が。これ、福祉部門みたいです。さらに説明を読むと、目の不自由な人の団体に全額寄付するとの記述が。なるほど。。。本当に驚いたことには、この複雑な形の箱をここ、ボボで作ったとか。紙も印刷も、見たことがないくらい質が高い!印刷の元になるデザインはロクシタンから送ってきたらしいですが、それでも、本当にうれしい発見です!!!

ロクシタン動物.JPG動物石けん 中身.JPG








もう一種、今年の秋発売の石けんは、動物石けん。ライオン、かば、ぞうの3種類セットです。かわいいですね。これもロクシタン基金のものでした。これらの石けんはどうも日本には入ってこなさそうですね。ロクシタン基金なんて、聞いたこともないですし。

ところで、すべて、ここの石けん、ちょっと驚いた作り方をしていました。なんと、ブルキナの大きな石けん工場がマレーシア等から輸入する石けん素地(工場で作られた石けんを細かくしたもの)を買い、カリテの石けんのみをコールド・プロセスで手作りして、これもまた、細かくし、それを機械で混ぜ合わせて、丁度生クリームのように口金を変えて押し出すのです。重さは自動的に量られて、自動的にカットされてゆきます。カットされた石けんはひとつひとつプレス機で成型+型押しされて、包装され、完成です。

ロクシタン基金ロゴ.JPGロクシタンの石けんは、少しだけ異なります。彼らはカリテバターをブルキナで買い付け、それをフランスに送り検査等々し、それで石けんを作り、細かな石けん片にします。他の材料で作った石けんも同様に石けん片にして、それらをもう一度、ブルキナのこの工房に送ってくるそうです。ここではそれらを混ぜ合わせ、成型して再度輸出するのです。前回(紺の分)は、包装までしていました。つまり、石けん自体はブルキナでは作っておらず、でも、Made in Burkinaと書いてあります。ああ、なんだか・・・です。やっぱり、質が低いと判断されたのか、質のコントロールが困難とされたのでしょうね。そんなに仏・ブルキナ間を往復させても、恐らく1500円程度で売れる石けん。世の中、フクザツです。

帰り、人に頼まれて、ホテルへの営業でついでに売っているというホテル朝食用はちみつ30g入りをもらいました。Koudougouという町の特産です。とってもかわいいです。はちみつ.JPG






posted by A DANSE at 03:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

断食明けのおまつり:ラマダン

ラマダン.JPG9月30日。今日はやっぱりラマダンでした。朝からお祈りに出かけるも、間に合わず。。。ちなみにお姉さんが手に持っているのはひとり用のござです。










BBQです.JPGもちろん、祝日です!!!で、みんなでお祝いです。ソーセージを買いに行き、カレーライスを作り、いよいよバーベキューとカレーライスのパーティーです。普通は羊をつぶして食べますが、今回はBBQで済ませました。

今日も、しっかりDossier technique作り。この文章が土台となって、石けん工房のお話ができてゆくので、熟考を重ねます。あまり要求しすぎても断られるだけだし、だからといって、あまりにも要求しなさ過ぎるのも、負担が増えるばかりだし、さじ加減が難しいです。分析も、仏語でレポートを書きながらなのですが、仏語の統計用語が難しい!!!ネット環境が懐かしいです


posted by A DANSE at 03:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お休みはお月様しだい・・・

9月29日。今日は月曜日ですが、翌日が祝日かもしれないということで、なんとなく、みんな浮かれています。断食祭(ラマダン)明けのお祭りは、お月様が見えるか見えないかで、その国のイスラム教組織の「月の委員会」が決定するらしく、割と夜遅くのニュースで「明日、休みになりました」などといわれてしまいます。

そんな中、ちょっとどんな石けんが出回っているのかを調べるために、お店をいくつか回ってみることにしました。そういった高級よろず屋的お店では、女性グループが作る様々なものが売られています。そういった食品なんかも創意工夫が見られてとても興味深く参考になります。

行ってみると、やっぱり、以前買った石けんのバリエーションが増えていたり、国立衛生研究所の検査を受けていたり、いろいろと工夫が見られます。とりあえず、ひとつずつ買ってみました。ラマダン明けは、いよいよ石けん作りの工房をいくつか回ります。

さあ、今日は毎日やってもなかなか進まないDossier Techniqueや統計分析の数々に覚悟して取り組みましょう!

夜、バンフォラ市で私の協力隊活動後任に当たる男性隊員がお姉さんのところにお泊りにきました。夜ご飯は自転車鳥。日本代表の監督の前にブルキナで監督をしていたトルシエ監督は、雑誌のインタビューでブルキナではこれがおいしかったと答えてたそうです。自転車鶏、仏語直訳!!! プレ(鶏)・ビシクレット(自転車)といいます。昔は自転車の車輪で、回しながら焼いていたそうですが、今では機械で回っています。清潔とは言いがたいですけれど、おいしいですよ!自転車どり.JPG
自転車鳥お料理中.JPG
posted by A DANSE at 02:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。