2008年09月26日

青年海外協力隊。積み重ねられてゆく活動。

23日の朝は、JICA事務所でもうすぐ帰国する協力隊隊員の帰国報告会が行われたので、参加させてもらってきました。

中には、昨年、よく一緒にご飯を食べたりした人たちもいて、なんだか、さみしいような、卒業式みたいでうれしいような。丁度、JICA側で彼らの派遣要請内容を考えていたのが、私がまだブルキナに派遣されていたころでした。なので、その背景もよくわかっている私(JICAの当時のスタッフたちは異動してしまっていて、今いるのはそこまでは知らない人ばかり)は感無量でした。みんな、すごいなぁ。。。最近の隊員は・・・なんて話もよく聞きますが、そんなことはなかったです。みんな、すばらしい活動ばかりでした。

たとえば、私は地方の衛生局にいた(2003年〜2005年)のですが、ずっと保健統計(種類ごとの病気の件数など)を見ていて、問題があるなぁ、と思っていました。あまりにもミスやムダが多いのです。そのくせ、その統計が中央の保健省に上がり、それをもとに国家の計画が作られるのですから、見過ごすわけにもいかないですよね。

いろんな隊員やJICAスタッフも同じ印象で、保健省中央の統計部門といくつかの地方衛生局の統計部門に同時に統計隊員を入れてテコ入れをしよう、という話になりました。そして、今回帰国する隊員の一部が送りこまれたのです。

よくあることですが、隊員たちに渡っていたお仕事の内容は、なぜかズレた内容が書かれていたそうで、いろいろ苦労もあったようですが、最終的に地方衛生局ではミスを3分の1程度にまで減らし、それをDVDマニュアル化までまとめていました。中央の保健省では、国全体の保健統計の不備を直し、現場から統計システム作りをする大切さを理解する第1歩となるワークショップを開催していました。すごいです。2年で少々専門性を持つ、でも仏語も覚束ない若者がここまでできるなんて。要請を出すときには、全く想像もしていませんでした。

みんなそれぞれ、ブルキナファソ大好き、という雰囲気にあふれていて、それも、なんだか安心しました。ブルキナ、あんまり変わってなさそう。

ちょっと感動した時間でした。


posted by A DANSE at 09:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。